「タウン」と「シティー」の違い

英語の "town" という言葉と "city" という言葉が、それぞれ「タウン」と「シティー」というカタカナ語として日本語化していますが、この2つの言葉はどのように意味が異なるのでしょうか?

シティーとタウンの2つの関係

シティー > タウン

英語の辞書で "town" の意味を調べると、「人が集まり住む場所。一般的に村よりも大きいがシティーよりも小さい」と説明されています。

したがって、「シティー」よりも「タウン」のほうが小さいということになります。

「シティー」は「タウン」の一種

英語の辞書で "city" の意味を調べると、「人・商業・文化の中心地。タウンのうち規模が相当に大きく重要性が高いもの」という記述があります。 別の辞書では「タウンのなかでも比較的規模が大きかったり人口が多かったりするもの」あるいは「大きかったり重要だったりするタウン」というふうに説明されていたりもします。

また、"town" の項目のほうで「相当な規模があり人口密度が高い地域。例えばシティーなど」と説明している辞書もあります。

したがって、「シティー」は「タウン」の一種であるということになります。

矛盾点

「シティーはタウンのうち大きなもの」という説明は「タウンはシティーよりも小さい」という説明と矛盾します。

「シティーはタウンのうち大きなもの(シティーはタウンの一種)」であるとすれば、「タウンはシティーよりも小さい」と言うのは「タウンがタウンよりも小さい」と言っているのと同じですから。

それではどちらの説明が不適当なのかと言えば、それは「タウンはシティーよりも小さい」という説明のほうでしょう。 シティーがタウンの一種であることを見逃した軽率な説明だと思います。

まとめ

適切な定義としては、次のように簡潔なもので十分でしょう:
  • タウン: 人が集まり住む場所。一般的に村よりも大きい。
  • シティー: タウンの一種。 タウンのなかでも大規模なもの。