「ブラックスミス」の意味は? 「ホワイトスミス」という職業も?

意味

ブラックスミス」は「鍛冶屋」という意味です。

「ブラックスミス」の語源

原語

「ブラックスミス」は "blacksmith" という英語の名詞をカタカナにした言葉です。 この "blacksmith" に「鍛冶屋」という意味があります。

"blacksmith" の語源

"blacksmith" という語は "black" と "smith" から成っています。

  • black ・・・「黒色」という意味であると同時に「鉄の色」も意味します。 昔は鉄と言えば黒色でした(*)
  • smith ・・・ハンマーなどの道具を使って金属を加工する職人

(*) オックスフォード大学の研究者が 2009年に「Materials and Manufacturing Processes(素材と製造プロセス)」誌に発表した論文(先史時代からルネッサンス期までの特集に掲載された)によると、鉄(や鋼)製の品(鎧など)の外見は黒系の色(暗い灰色~茶色、青色)でした。

この論文によると、博物館などに展示されている昔の鉄製品は展示前に磨かれすぎたせいで(その品が過去に実際に使われていたときよりも)白っぽくなっています。
金属を扱う職人である "smith" のなかでも「鉄」を鍛造する職人が、特に "blacksmith" と呼ばれるわけです。
"blacksmith" は「蹄鉄(ていてつ。 馬のひずめを保護する器具)を作ったり修理したりする人」の意味で特に使われることもあります。

「ホワイトスミス」とは?

金属を扱う職人 "smith" のなかでも、金(ゴールド)・錫(すず)・白鑞(しろめ)など明るい色の金属を扱う職人が "whitesmith" と呼ばれます。

現代の英語で "whitesmith" は次の2つの意味で使われます:

  1. ブリキなど明るい色の金属を加工する職人
  2. 鉄製品を磨いたりして仕上げる職人
鉄の鍛造を担当するのが "blacksmith" で、鍛造された鉄製品を仕上げる(ピカピカにする)のは "whitesmith"。

関連語

  • ウェポンスミス(weaponsmith)・・・武器職人。 鋭利な武器を主に作る人。 "weapon" は「武器」という意味。
  • アーマースミス(armorsmith) ・・・防具職人。 金属製の防具を作る人。 "armor" は「鎧」という意味。
  • アーマラー(armorer)・・・かつては「防具職人」の意味だったが、現代では「銃器の職人(=gunsmith)」や「(英国などの)軍や警察で武器の管理を担当する人」を意味する。 スターウォーズに登場する "The Armorer" は「鎧職人」という意味と「鎧に身を包む者」という意味を兼ねているかも。

トップページに戻る