「デーモン」と「デビル」の意味は? 意味の違いは?

この記事では、「デビル(devil)」と「デーモン(demon)」それぞれの意味と語源を説明します。 そうすることで両者の違いも自ずと明らかになることでしょう。 「サタン(satan)」にも言及します。

1.「デビル」の意味と語源

1.1.「デビル」の意味

「デビル(devil)」は神学(キリスト教など)の用語で、「邪悪なクリーチャー(神が創りし物、生き物)」という意味です。

「デビル」の対義語(反対の意味を持つ言葉)は「天使(angel)」です。

1.2. "devil" の語源

"devil" の語源を突き詰めると、「中傷する者」を意味する古代ギリシャ語 "διάβολος(diábolos)" に行き着きます。

2.「デーモン」の意味と語源

2.1.「デーモン」の意味

「デーモン(demon)」は10世紀ごろから「デビル」の意味で用いられていた("devil" の同義語だった)ようです。

16世紀ごろから、「デーモン」は「ギリシャ神話における下級神や神格化された英雄」という意味でも用いられるようになりました。 この「デーモン」は特定の人や場所を見守る存在です。(*)

(*) 近年では、この意味の「デーモン」は "daemon" と綴られたり、"demon" の代わりに "daimon(ダイモン)" という言葉が使われることが多い。

"daemon" の発音は "demon" と同じ。 どちらも本来の英語では「ディーマン」と発音される。

19世紀に入ってからは「デーモン」は、必ずしも邪悪ではない「精霊(スピリット)」や「キリスト教以外の神」の意味でも用いられています。

2.2. "demon" の語源

"demon" の語源を突き詰めると、「守護精霊、神、施す者」を意味する古代ギリシャ語 "δαίμων(daímōn)" に行き着きます。

3.「サタン」について

3.1.「サタン」と「デビル」

「サタン(satan)」は「デビル」の一種(デビルのリーダー)です。

「デビル」は次の2種類に分類されます:

  1. サタン
  2. サタンに従属する邪悪な精霊(スピリット)

「サタン」の意味で「デビル」と英語で言うときには、"The Devil" というふうに定冠詞の "the" を使い、"D" を大文字にします。

「サタン」を意味する "The Devil" は常に単数形です。 サタンは地獄の支配者であり、一匹しかいないユニークな存在だからです。

3.2.「サタン」と「デーモン」

「デビル」と違って「デーモン」には、「サタン」の意味は(明示的には)含まれていません

"demon" には "devil" の同義語としての側面もありますから、"demon" には自ずと "satan" の意味も含まれるでしょう。

けれど、"demon" を「"satan" のこと」や「"satan" と同じ意味」と明示している辞書は見当たりませんでした。

3.3.「サタン」と「ルシファー」

堕天使として知られる「ルシファー(Lucifer)」は「サタン」と同一視されます。

ですが、それは旧約聖書の1つ「イザヤ書」をラテン語経由でヘブライ語から翻訳したときに、「金星」を意味するラテン語 "licifer" を「ルシファー」という固有名詞と勘違いしサタンと混同したのが原因だとされています。

4. まとめ

4.1. "devil" と "demon" の使われ方の変遷

当初

ここまでの内容をまとめると、"devil" と "demon" は当初(10世紀ごろ)どちらもキリスト教などの「悪魔」という概念を言い表すのに使われていたと考えられます。

"devil" は上述のように(キリスト教やユダヤ教の)神学の用語ですが、"demon" は(辞書で確認した限りでは)神学の正式な用語ではないようです。

そういう意味では、英語では神学における「悪魔」の正式な呼称は "devil" で、"demon" は俗称なのかもしれません。 学名と和名(通名)のような関係。

16世紀以降

しかし、16世紀以降には "demon" が必ずしも邪悪ではない意味に用いられるようになり、その傾向が時代を追うごとに強まって来たように見受けられます。 "devil" が一貫して「悪魔」の意味で使われる一方で、"demon" は「精霊」の意味でも使われるようになっています。
私見ですが、このような使い分けには、"devil" と "demon" それぞれの語源が影響していると思います。 "devil" は語源からして邪悪なのに対して、"demon" の語源は善良な感じです。

プログラムの名称

近年ではコンピューターの分野でも、ユーザーの操作によらず自動で作動するプログラム(1)が 「デーモン」と呼ばれます。 このプログラムの「デーモン」は、気ままに動く精霊のイメージであり、決して邪悪ではありません(2) もっとも、プログラムの「デーモン」は "demon" ではなく "daemon" と表記するのが一般的です。

(1) コンピューター・ウイルスの類ではない。 有益な働きをする正当なプログラム。

(2) プログラムの「デーモン」の語源は、"Maxwell's demon(マクスウェルの悪魔)" の "demon"。

これから

プログラムの「デーモン」を "daemon" と表記することや、ギリシャ神話における「デーモン」を "daimon" と表記するようになっていることを考えると、"demon" の意味のうち「邪悪でない意味」が("daimon" や "daemon" へと)分離する(*)方向に進んでゆくのかもしれません。

(*) "demon" は10世紀ごろと同様に、"devil" と同じく「悪魔」を意味する単語として存続する。

4.2. 使い分けるなら

「デビル」と「デーモン」の辞書での扱われ方を踏まえると、やむにやまれぬ事情により「デビル」と「デーモン」を区別する必要に迫られた場合には、次のように使い分けると良いと思います:

  • デビル → (常に邪悪な)悪魔
  • デーモン → (必ずしも邪悪ではない)魔物、妖魔

トップページに戻る