ファンタジー生物「レッドキャップ」とは?

オーソドックスなレッドキャップ

オーソドックスなレッドキャップ(Redcap)は:
  1. ゴブリン(子鬼)の一種です。 妖精やエルフあるいはドワーフの一種という説もあります。
  2. ボーダー(イングランドとスコットランドの境目に当たる地域)の民間伝承に登場します。
  3. 邪悪で人を殺します。
  4. "red cap" は「赤い帽子」という意味ですが、レッドキャップの帽子が赤いのは犠牲者の血に染まっているからです。 "Redcap" の別名は "Bloody Cap(血まみれの帽子)" です。
  5. 小柄だが肉厚な体つきの老人の姿です。 長く突き出た歯が特徴的で、肉付きの悪い痩せた指の先にワシのごとき爪が付いています。 目の色は赤く、恐ろしげな頭髪が肩まで伸びています。
  6. 赤い帽子をかぶっているほか、鉄製のブーツを履き、先の尖った杖を持っています。 鉄製のブーツを履いているにも関わらず動きは素早いと聞きます。
  7. 廃城(特に惨事が起こったもの)に住み着くと言われています。
  8. 旅人が一休みしようとレッドキャップの住処にやってくると、大きな岩を投げつけます。 そして殺すのに成功すると、犠牲者の血に帽子を浸します。
  9. 帽子に染み込んだ血が乾き切るとレッドキャップが死んでしまうという話もあります。 だからレッドキャップはコンスタントに人を殺し続けなくてはなりません。 が、廃城に定期的に人が訪れるものでしょうか?
  10. レッドキャップに対し物理攻撃は通用しませんが、十字架をかかげたり聖書の言葉を唱えたりすると、悲鳴をあげて燃え尽き、後に大きな歯を1本残します。

レッドキャップのバリエーション

レッドキャップの言い伝えにはバリエーションがあります:
  • パースシャー(スコットランド中央部にある地域)に伝わるバージョンでもレッドキャップはやっぱり城に住んでいますが、こちらのレッドキャップは善良で、その存在を見たり聞いたりした者に幸運を与えてくれます。
  • コーンウォールのゼノア村(マーメイドの伝説で知られる)に出没する善良な妖精も「レッドキャップ」と呼ばれることがあります。 ゼノア村のレッドキャップは緑色の服を着て、緋色の帽子をかぶっています。
  • サー・ウォルター・スコット(1771~1832年)というスコットランドの小説家の著作には、ロビン・レッドキャップと呼ばれるレッドキャップが登場します。 ロビン・レッドキャップは使い魔で、頑丈な南京錠が3つ付いた宝箱に住み、主人に武器による攻撃を無効化する能力を与えます。 ロビン・レッドキャップは霊(スピリット)の一種で、その仲間がスコットランド南部にある廃墟となった塔に1匹は住み着いているのだそうです。

トップページに戻る