「スレイヤー」の3つの意味

質問:「ドラゴンスレイヤー」や「ゴブリンスレイヤー」などの「スレイヤー」は、どういう意味ですか?

回答:「~を殺すもの(人または物)、~殺し」です。

詳しくは以下をご覧ください。

1. 英語に戻すと

「スレイヤー」を英語に戻すと "slayer" で、この "slayer" の意味が「~を殺すもの」です。

2. 言葉の成り立ち

"slayer" は "slay" と "-er" から成ります:

  • slay ・・・「~を殺す」などを意味する動詞
  • -er ・・・「~するもの(者/物)」を意味する接尾辞

"kill" と "slay" の違い

"kill" が「(手段にかかわらず)殺す」を意味のに対し、"slay" は「~を暴力により殺す」を特に意味します。 つまり、毒殺などではなく殴ったり斬ったり刺したりして殺すのが "slay" です。 「屠(ほふ)る」という訳語がピッタリかもしれません。

また、"kill" よりも "slay" のほうが文語的(格式張っている)です。

3. 三つの意味

ファンタジー作品で「スレイヤー」は次の3つの意味で使われます:

  1. 特定のモンスターを殺す(退治する)のに特化した、特定のモンスターを殺すのが得意な
  2. 特定のモンスターを殺した実績がある
  3. 特定のモンスターに対して特に有効な武器魔法
英語の "slayer" も同じ意味で使われます。

用例

例えば、「ドラゴン・スレイヤー」は次のいずれかの意味です:

  1. ドラゴン退治を得意とする人
  2. ドラゴンを退治した実績がある人、竜退治の勇者
  3. ドラゴンに対して特に有効な武器や魔法

「デーモン/ゴブリン/スライム/ジャイアント・スレイヤー」なども同様です。

「ドラゴンス・レイヤー」の実例

「RPGリプレイ ロードス島戦記Ⅰ」の138ページで、ドラゴンを退治した後で主人公の戦士パーンが「これでオレたちはドラゴン・スレイヤーの称号を名乗れるわけだ」と発言します。

この「ドラゴン・スレイヤー」は「ドラゴンを退治した実績がある人、竜退治の勇者」の意味です。

武器

1986年に発売されたPCゲーム「Xandadu(ザナドゥ)」で、ドラゴン・スレイヤーはラスボスであるキングドラゴンを倒せる最終的な武器です。

ところがこのドラゴン・スレイヤー、強力な効果を発揮するのはキングドラゴンに対してのみ。 他のモンスター相手には中堅クラスの武器と同じ威力しかありません。(参考サイト

魔法

RPG的な世界を舞台とするマンガ「Fairy Tail(フェアリーテイル)」で、主人公の使う「滅竜魔法」の別称が「ドラゴン・スレイヤー」だったはずです。

「ドラゴン・スレイヤー」を攻撃魔法の意味で用いる例を他に私は知りませんが、先述の "slayer" の成り立ちを鑑(かんが)みれば、攻撃魔法の呼称を「ドラゴン・スレイヤー」とするのも決して間違いではありません。

4. おまけ:「スレイヤーズ」の意味

「スレイヤーズ」というタイトルのアニメか何かがありましたが、この「スレイヤーズ」は "slayer" の複数形 "slayers" をカタカナにした言葉です。 したがって、「スレイヤーズ」は「殺すものたち」という意味です。

トップページに戻る