①サンダー、②ライトニング、③サンダー・ボルト、④ライトニング・ボルトの意味の違い

サンダー、ライトニング、サンダー・ボルト、そしてライトニング・ボルトという4つの言葉の意味の違いを説明します。

1. ライトニングの意味

「ライトニング(lightning)」の定義は次の通り:
大気中で(雲と雲のあいだ、または雲と地上のあいだで)生じる電気の放出(放電現象)。 あるいは、そのような電気の放出に伴う閃光のこと。
つまりライトニングは「雷の放電」や「雷光、電光」を意味し、「雷の音」という意味を持ちません。
「ライトニング」に対応する日本語らしい言葉は「いなびかり」や「いなず(づ)ま」です。 「いなずま」は「放電によって生じる電光」を意味します。

2. サンダーの意味

サンダー(thunder)の定義は次の通り:
雷の放電(lightning)のルートに沿って大気が(放電の過熱により)急速に膨らむことで生じる大きな音

よって、サンダーは「雷の音、雷鳴」です。 どの辞書でも、"thunder" の定義の核となる語を "noise(騒音)" や "sound(音)" としています。

3.「ライトニング」と「サンダー」の違い

上記から、ライトニングが雷の視覚的な現象である「雷光」を意味し、サンダーが雷の聴覚的な現象である「雷鳴」を意味することが分かります。

4. サンダー・ボルト

しかしそうすると、日本語の「(視覚&聴覚)」に対応する単語は英語には存在しないのでしょうか?

英語では雷のを指して "thunder and lightning" と言うことが多いようです。

4.1. それが「サンダーボルト」

ですが、1語で雷の光と音の両方を意味する単語も存在します。

それが「サンダーボルト(thunderbolt)」です。 「サンダーボルト」は「雷鳴(サンダー)を伴う雷光(ライトニング)」という意味です。
「サンダーボルト」の意味の中心は「ライトニング」で、そこに「サンダー」が加わります。

4.2.「ボルト」に「ライトニング」の意味がある理由

「サンダーボルト(thunderbolt)」の意味は「サンダーを伴うライトニング」。 ということは、「ボルト(bolt)」に「ライトニング」の意味があるわけです。

"bolt" は「かんぬき」など棒状の物を意味する言葉。 この "bolt" にどうして「ライトニング」の意味もあるのでしょう?

推測になりますが...

"bolt" には「クロスボウから発射される短めで重い矢」という意味もあるので、ライトニング(雷光)を天の神様が「ボルト(クロスボウの矢)」を地上に向けて投げつけるのに見立て、「ライトニング」を「ボルト」と呼ぶのではないでしょうか。

5. ライトニング・ボルト

"lightning bolt" という英語も存在します。

「ボルト」が「ライトニング」という意味なので、「ライトニング・ボルト(lightning bolt)」は「ライトニング・ライトニング」で同じ意味の繰り返し。 そのためでしょうか、"lightning bolt" は一般的な辞書に載っていません。

ですがそれでも、"lightning bolt" は「ライトニング」や「サンダーボルト」の意味で英語圏で流通しています。
音の響きがカッコいいからでしょうか "lightning bolt" は映画や楽曲のタイトルに好んで使用されます。

6. まとめ

  1. サンダー → 雷鳴(音)
  2. ライトニング → いなずま、雷光(放電と光)
  3. サンダー&ライトニング → 雷(音と光)
  4. サンダー・ボルト = サンダー&ライトニング
  5. ライトニング・ボルト → 厳密に考えると「ライトニング・ライトニング」で意味が重複。 だが実際には、「ライトニング」や「サンダー・ボルト」の意味で使われる。

トップページに戻る