「タウン」と「シティー」の違いは?

タウン」と「シティー」は、どのように意味が異なるのでしょうか?

1. シティーとタウンの定義

1.1.「タウン」の定義

「タウン」を英語に戻すと "town"。「Oxford Learner's」や「Longman」という辞書では、この "city" の意味を次のように説明しています:

《Oxford》a place with many houses, shops, etc. where people live and work. It is larger than a village but smaller than a city.

《Longman》a large area with houses, shops, offices etc where people live and work, that is smaller than a city and larger than a village

《オックスフォード》たくさんの民家や店舗などが存在し、人々が生活したり働いたりする場所。 村より大きいがシティーより小さい

《ロングマン》民家・店舗・オフィスなどが存在する大きな地域。 そこで人々が生活したり働いたりする。 シティーより小さいが村より大きい。

1.2.「シティー」の定義

「シティー」を英語に戻すと "city"。 先ほどと同じ辞書「Oxford Learner's」と「Longman」は、この "city" の意味を次のように説明しています:

《Oxford》a large and important town

《Longman》a large important town

《オックスフォード》大きくて重要なタウン

《ロングマン》大きく重要なタウン

2.「シティー」と「タウン」の定義の矛盾

「シティーは大きなタウン」は「タウンはシティーよりも小さい」と矛盾します。

2.1.「シティーは大きなタウン」

「シティーは大きなタウン」は「シティーがタウンの一種(タウンの下位カテゴリー)」であることを含意します。

「大きな」の部分を無視すれば「シティーはタウン」すなわち「シティー=タウン」と言っているわけですから。

2.2.「タウンはシティーよりも小さい」

これに対して、「タウンはシティーよりも小さい」では「タウンとシティーが別物」であることを含意します。

1つのカテゴリー(タウン)と、そのカテゴリーを構成する要素の1つ(シティー)を比較することは不適切(*)。 よって、逆に言えば、そんな比較がなされるなら、その2つ(タウンとシティー)は別物です。
(*) 例えば「ヒトは動物よりも大きい」は妙な表現です。 ヒトが動物の一種だからです。 同様に、「シティーがタウンの一種」だという前提だと、「シティーはタウンよりも大きい」も妙な表現です。

3. 矛盾の解消

矛盾を解消するには、「シティーをタウンの下位カテゴリーとみなす」のか「シティーをタウンと別のカテゴリーとみなす」のかを「シティー」と「タウン」の両方の定義で統一します。

どちらに統一しても問題ありませんが、「Merriam Webster」という辞書では、次のように「シティーをタウンと別のカテゴリーとみなす」方向で統一しています。

city - an inhabited place of greater size, population, or importance than a town or village

town - a compactly settled area usually larger than a village but smaller than a city

シティー: 規模・人口・重要度においてタウンや村を上回る居住地。

タウン: 人が多く住む場所。 一般的に、村より大きくシティーより小さい
みんなで作る辞書「Wiktionary」でも同様に、"city" と "town" を一貫して別カテゴリーとして扱っています。

4. まとめ

「タウンとシティーの違いは?」という疑問に対する答えは、「Merriam Webster」の定義の通りです。
  • タウン: 人が集まり住む場所。 シティーより小さい。
  • シティー: 人が集まり住む場所。 タウンより規模が大きい。

トップページに戻る