「バックスタブ」の意味

ゲームやラノベなどのファンタジー作品に「バックスタブ」という言葉が使われることがありますが、この「バックスタブ」とは一体どういう意味なのでしょうか?

「バックスタブ」の意味

RPGなどのゲームやラノベにおける「バックスタブ」の意味は、「不意打ちをしかける」というものです。 (RPGのクラスとしての)盗賊や忍者あるいはレンジャーなどが物陰や暗闇などに身を隠し、自分の存在が気付かれない状態で敵に攻撃をしかけるのが「バックスタブ」です。

「バックスタブ」の由来

「バックスタブ」は "backstab"

「バックスタブ」は "backstab" という英語をカタカナで表記した言葉です。

"backstab" は "back(背中)" と "stab(刺す)" が組み合わさって生まれました。 武器を手にして背後から襲いかかるというわけです。

先に述べたカタカナ語「バックスタブ」の意味は "backstab" という原語の本来の意味と合致していると言えます。

"backstab" の意味

ところが、辞書で "backstab" の意味を調べると次のような意味(いずれも動詞)しか記載されていません:

  1. (当人が不在の場で)人を批判したり、けなしたりする
  2. 卑怯な方法で攻撃する

別の辞書には、次の1つの意味が記載されているのみです:

  1. 誰かを卑怯な手段で(特に言葉で)攻撃する

"backstab" の文字通りの「背後からの攻撃」という意味で使われるよりも、「陰口」や「陰謀」という比喩的な意味で使われることが多いようですね。 "backstab" の訳語を「裏切り」としている辞書もあります。

ただ、英語圏でもRPGなどのゲームでは、 "backstab" はもっぱら「不意打ちスキル」という物理的な意味で使われます。 「バックスタブ」はゲーム英語の "backstab" がカタカナ語として日本に輸入されたのだと考えられます。

"backstab" の品詞

辞書に記載されている "backstab" は動詞としての意味しか持ちませんが、ゲーム英語の "backstab" はスキル名なので名詞としても使われます。