「バジリスク」の意味は? えっ、バジルと関係が...?

1. バジリスクとは

バジリスク」はヨーロッパの伝承に登場するモンスターです。

頭部の模様(白いマダラ模様)が王冠に酷似するため「蛇の王」と呼ばれます。

バジリスクはサイズが小さく(1)翼も持ちません(2)

(1) 古代ローマの博物学者「大プリニウス」が著した『博物誌』によると、バジリスクの体長は人の指12本ぶんに満たない長さ。 指のの長さかの長さかは不明。

(2) 伝承によっては翼を持つが、これはコカトリスとの混同による。 コカトリスは頭部が雄鶏(おんどり)で二本足のドラゴン。 バジリスクと同じように視線や息(ブレス)で人を殺す。

バジリスクとコカトリスの混同は、13世紀のラテン語の書物『De proprietatibus rerum』が14世紀に英語に翻訳されたときに、ラテン語の "basiliscus" が英語の "cockatrice" に訳されたのが原因。

バジリスクの想像図

1640年に出版された博物書『Serpentum et draconum historia』の挿絵。 喉のところに雄鶏のような袋がぶら下がっています。 口の形状も鳥っぽい。


クリックで拡大

能力

バジリスクの能力は次のように言い伝えられます(伝承が複数あるので矛盾や重複も):

  1. 致死性の猛毒を撒き散らしながら歩く。
  2. バジリスクの体や息に触れたものは草も岩も全て破壊される。
  3. 一睨みで死を引き起こす。
  4. 馬の背に乗って槍でバジリスクを突き殺そうものなら、バジリスクの毒が槍を伝って人馬ともに殺してしまう。
  5. 火を吹くという伝承も。

RPGに登場するバジリスクは(コカトリスも)石化能力を持つのが常ですが、古来の伝承ではそういうことは無いようです。

弱点

バジリスクの弱点はイタチです。 イタチの匂いが苦手だとされます。

ですので、バジリスクを退治するには巣穴にイタチを放り込みます。

バジリスクの巣穴は、周辺の草が枯死しているのですぐに分かります。

2.「バジリスク」の語源

「バジリスク」を英語に戻すと "basilisk"(*) です。
(*) "basilisk" は「バリスク」とも「バリスク」とも発音される。

英語 "basilisk" の語源は「小さな王」を意味する古代ギリシャ語「βασιλίσκος(basilískos)」です。

この古代ギリシャ語からラテン語 "basiliscus" 次いで古フランス語 "basilique" そして中世英語 "basilicke"を経て、現代の英語 "basilisk" が成立しました。

3. ハーブの「バジル」との関係

語源が同じ

バジル」と呼ばれるハーブは「バジリスク」と語源が同じです。

「バジル」の語源は「」を意味する古代ギリシャ語「βᾰσῐλεύς(basileús)」です。

「バジリスク」の語源は先述の通り "basilískos" ですが、この "basilískos" は「バジル」の語源 "basileús" に指小辞(*) "-ískos" が付いて出来た言葉です。

(*) 小ささや可愛らしさを示す語尾など。

「バジリスク」と「バジル」の近しさ

  • ラテン語では「basiliscus(バジリスク)」と「バジル(basilicum)」が混同されることがありました。
  • 古フランス語では「バジリスク」も「バジル」も同じ単語 "basilique" でした。
  • バジルがバジリスクの毒の解毒薬になるなんて話もありました。

どうして「バジル」が「王」なのか?

「バジル」の語源が「王(basileús)」である理由は明確ではありません。

ですが、王族の香水の原料にバジルが使われたことに由来するという説があります。

トップページに戻る