教えて!「レンジャー」という言葉の意味を!

質問:RPGとか軍隊の「レンジャー」とは、どういう意味ですか? レンジャーが何かではなく、「レンジャー」という言葉の意味を教えてください。

回答:「レンジャー」の意味は「(探索や狩猟などの目的で)広い範囲をうろつく者」です。

詳しくは以下をご覧ください。

1. 英語に戻すと

「レンジャー」を英語に戻すと "ranger" です。

2. 言葉の成り立ち

"ranger" は "range" と "-er" から成ります:

  • range ・・・「広い範囲をうろつく/移動する」を意味する動詞
  • -er ・・・「~する者」を意味する接尾辞

動詞 "range" の前身は中世英語 "rengen"。 この "rengen" に「(探索や狩猟を目的として)広い範囲を移動する」という意味があったとされます。

3. 色々な "ranger"

3.1. 英国で王の狩猟地をパトロールする者

"ranger" という言葉が初めて使われた(生まれた)のは「森林憲章(Carta Foresta)」の英語版だと思います。
「森林憲章」は 1217年に作られた法律です。 使用言語はラテン語
「森林憲章」における "ranger" の意味は「国王が所有する狩猟地(1) をパトロール(2) する下級官吏(2)」です。 それまで "under-forester" と呼ばれた役職を「森林憲章」で "ranger" と呼ぶようになりました。

(1)「国王が所有する狩猟地」は英語で "forest"。 現代英語で "forest" は「森林」を意味するが、「国王が所有する狩猟地」の意味では必ずしも森林ではない。

(2) 密猟したり植物を傷つけたりする者を取り締まる。

(3) 狩猟地の監視を担当する官吏として最下級。 "ranger" の上に3つぐらい役職がある。 狩猟地の現場で肉体労働に従事するのが "ranger"。

3.2. 軍事用語

軍の部隊や兵士を指す言葉としての "ranger" の由来は "Gorham's Rangers"(*) と呼ばれる部隊です。 "Gorham's Rangers" はジョージ王戦争(1744~1748年)が始まったときにノバ・スコシア(現在ではカナダの州)で結成された英国の部隊です。
部隊を創設したのが John Gorham なので、"Gorham's" です。

"Gorham's Rangers" は正規軍とは別途の存在(補助的な部隊)という位置づけでした。

"Gorham's Rangers" は偵察・ゲリラ戦・水上戦を得意としました。 "Gorham's Rangers" の当初のメンバーは隊長を除く全員がアメリカ大陸先住民で、彼らがこうした軍事活動を得意としたからです。 やがて "Gorham's Rangers" のメンバーは白人に入れ替わりましたが、彼らはアメリカ先住民からレンジャー部隊としての戦い方を受け継ぎました。

3.3. RPGの職業「レンジャー」

D&Dの「レンジャー」

RPG職業(クラス、ジョブ)の1つに「レンジャー(ranger)」があります。

弓矢を得意とする、右手と左手それぞれで武器を扱う、ペットを連れている、魔法も使う。 このようなRPGのレンジャーのイメージの由来は「D&D(ダンジョンズ&ドラゴンズ)」に登場する職業「レンジャー」です。

指輪物語の「レンジャー」

そのD&Dのサイトによると、D&Dのレンジャーのモチーフは「指輪物語(The Lord of the Rings)」に登場するキャラクター「アラゴルン(Aragorn)」だと目されます。

アラゴルンは「ドゥーネダイン(Dúnedain)」と呼ばれる人種に属し、この「ドゥーネダイン」の別称が「レンジャーズ(Rangers)」です。

人種名であって多数の人を指すから、"Rangers" と複数形なのだと考えられます。 スポーツのチーム名が "Giants" や "Tigers" などと複数形になるのと同じ。

ドゥーネダイン(レンジャーズ)の性質は次のようなもの:

人間ではあるがエルフに似て感覚が鋭く、鳥や獣の言葉を理解する。 追跡能力に優れ、屈強な戦士でもある。

「エルフ」や「鳥や獣の言葉を理解」といった辺りはを想起させます。「追跡能力に優れる」はハンター的な雰囲気です。 「王の狩猟地をパトロールする官吏」や「ゲリラ兵」の意味での "ranger" に近いイメージではありますね。
「指輪物語」の著者 J.R.R.トールキーンは英国人です。

トップページに戻る