ゲームの「レジスト」ってどういう意味?

質問. RPGでよく使われる「レジスト」とは、どういう意味ですか?

回答. 次の2つです:

  1. 《動詞》(特殊な攻撃に)耐える
  2. 《名詞》(攻撃や状態異常への)耐性

詳しくは以下をご覧ください。

1.「(特殊な攻撃に)耐える」について

1.1.「特殊な攻撃」とは

1. の意味にある「特殊な攻撃」とは、物理攻撃(*)以外の攻撃のことです。 「魔法による攻撃」や「炎・冷気・雷・毒・酸などによる攻撃(2)」のことです。

(1) 剣や槍などの近接武器による攻撃。 あるいは弓やクロスボウ、スリングといった遠距離武器による攻撃。

(2) 魔法ではない特殊能力による攻撃。 ドラゴンのブレスなど。

1.2. 使われ方

「(特殊な攻撃に)耐える」の意味の「レジスト」は、例えば次のように使います:
「くそっ! あの野郎、オレのとっておきの魔法をレジストしやがった」
# とっておきの魔法なのに「あの野郎」にあまりダメージを与えられなかった。 あるいは、こともあろうか「あの野郎」が無傷だった。

「レジスト」は、自分(プレイヤー)に関しても(モンスターなど)に関しても使われる言葉です。

2.「(攻撃や状態異常への)耐性」について

2.1. 耐性とは

「耐性」とは「どれだけ耐えられるか」です。

ゲームやラノベなどのファンジー作品において、「耐性」には2種類あります:

  1. 攻撃への耐性: 攻撃で受けるダメージをどれだけ減らせるか
  2. 状態異常への耐性: 状態異常にかかる率をどれだけ低減できるか(1)。 この「状態異常」はモンスターの攻撃だけでなく、トラップ(2)などによるものも含む。

(1)(ポイズン)」の場合は、毒状態に陥(おちい)る率が低減されるよりも、毒によるダメージや毒の持続時間が緩和される程度であるのが一般的。

(2)「トラップ(trap)」とは「(わな)」のこと。 トラップによる状態異常とは例えば、石化ガスによる「石化」とか、麻痺針による「麻痺」など。

2.2. 使われ方

2.2.1. 特殊攻撃と状態異常

「(攻撃や状態異常への)耐性」の「攻撃」も、多くのケースでは「特殊な攻撃(*)」です。
(*)「1. の意味」で説明したもの。
ゲームでは(RPG系のラノベや漫画でも)一般的に、炎・冷気・雷・毒・麻痺... という具合に特殊攻撃や状態異常の項目ごとに耐性(レジスト)のパラメーターが設けられます。

例えば、炎に対するレジストは50%(ダメージが半減)だが、雷攻撃に対するレジストは30%(ダメージが1/3減る)といった具合です。

状態異常でも同様に、状態異常にかかりにくくなる度合いを示すパラメーターが状態異常(毒・麻痺・石化...)ごとに存在します。

2.2.2. 物理攻撃

ゲームによっては普通の物理攻撃についても「耐性(レジスト)」のパラメーターを設けています。

その場合には、物理攻撃の種類が「斬撃・刺突・打撃」などに分類され、その種類ごとに耐性のパラメーターが設けられることが多いでしょう。

3. 言葉の由来

3.1.「耐える」の意味の「レジスト」

「耐える」を意味する動詞としての「レジスト」の由来は、英語の動詞 "resist" です。

英語の "resist" は「耐える、抵抗する」という意味です。

3.2.「耐性」の意味の「レジスト」

「耐性」を意味する英語の名詞は "resistance(レジスタンス)" ですが、この "resistance" が「耐性、抵抗」を意味する名詞の「レジスト」の由来かどうかは不明瞭です。

「耐性」を意味する「レジスト」が成立した経緯として考えられるのは次のいずれかです:

  • "resistance" の短縮としての "resist" が「レジスト」というカタカナになった?
  • 「耐える」を意味する動詞 "resist" との混用?
英語の "resist" に「耐性」という名詞としての意味はありません。

4. 名詞「レジスト」の実際

「レジスト」は「耐性」を意味する主な日本語ではないでしょう:

  • ゲームのステータス画面や説明書では「耐性」を意味する言葉として、そのまま「耐性」と言うほか、カタカナ語の「レジスタンス」や英語の "Resistance" を使うことが多いでしょう。
  • 口語(*)では、「レジスト」がさらに短縮された「レジ」という言い方が一般的。
(*) ネトゲ内でのプレイヤー同士のチャット(会話)や、ゲーム関連の掲示板の書き込みなど。

トップページに戻る